think,think,think!

基本的には自分の思考を整理する場として。

受験当日に提出!東大の第二外国語について【地方公立から東大合格】

女の子が多そう、で選ぶと痛い目を見る

受験を控えたみなさんにとっては、そんなことより合否が・・・という感じかもしれませんが、余裕をもつことも大切です。実際、合格をゴールにしていると、入学後に目標を見失い、失速し、最終的には留年したり精神的に病んでしまったりする人も実際にいました。合格を狙いに行きながらも、常に先を見据えることもわすれずに。

さて、知らない人も意外と多い事実として、東大の第二外国語は入学前に選択しなければなりません。首都圏の私立高校など、同級生に東大進学者が多数いる学校に通う人たちは、第二外国語についても十分な背景知識を持ったうえで自分の意思で選択します。一方、私と同じように地方の公立高校で万年エース、のような人だと相談相手もおらず、結局ぐぐってぐぐって選ぶということになるはずです。

そしてよくある例として「フランス語は女の子が多いと聞いたから」 確かに、同じ科類の他言語クラスと比べれば、人数的には女子率が高いかもしれません。 しかし、クラス内に女子が多いということ以上に、フランス語は難しく留年が最も出やすい言語であるということも忘れてはなりません。

むしろ大学ではサークルやバイト先など様々なコミュニティが広がりますから、クラスだけが全てではありません。 そこで今回は、各外国語の特徴についてまとめてみます。受験勉強の合間に、第二外国語を学ぶ自分の姿を想像しながら読んでみてください。

自分のキャラクターを見極めるべし

中国語(ちゃいご)

ビジネスで使えそうという理由でとる人、以前住んでいたからという人(東大には帰国子女がたくさんいます)、なんとなく簡単だと聞いたからという人、が多い印象です。実際にとってみて、やはり他言語と比較すれば難しくはありませんでした。日本語と似た漢字を使うので、言葉によっては習っていない単語でも意味が推測できることがあります。 苦労する人は、音の感覚があまりない人です。同じ「マー」という音でも4つの発声方法があり、意味が全く違う、というように中国語では音が重要です。リスニングのテストなどもあって、中国人の先生が話すのを聞き取るのですが、得意でない子は毎回全て同じに聞こえるらしく、非常に苦労していました。 英語を勉強しているとき、洋楽を聞くだけで自然に英語が入ってくる、といったような語学の勘がある人にとっては学びやすい言語です。逆に英語の発音問題は、よく出る単語のアクセントを暗記した、といったような語学の勘がない人にとっては難しいかもしれません。

どの言語でも言えるかもしれませんが、台湾や中国に旅行に行くと、なんとなく看板が読めるのがとても楽しいですよ。特に最近では東京の街中で中国語の看板を見かける機会も非常に増えてきましたしね。

スペイン語(スペ語)

こちらも同様に簡単だと聞いたから、また明るい人が多いと聞いたから、途上国開発に興味があるから、という人が多い印象です。圧倒的に多いのは前の2つで、確かにスペイン語自体は英語と使う文字は同じ、構文自体もシンプル、ということで学びやすい言語ではあります。また簡単、に惹かれてくる人が多いことからクラス全体の雰囲気はなんとなく垢抜けた人が多く、特に文二のスペ語クラスなどはサークルや部活に全力をかけている人が多い印象です。 またスペインはもちろんのこと、中南米を中心にいまなお多くの国で用いられている言語ですし、国連公用語の1つでもありますから、将来携わりたい国があるからという理由で選ぶ人もいます。

フランス語(フラ語

女の子が多そうだから、可愛い子が多そうだからという理由で選ぶ人が多くいます。他には、フランス文学に興味があり仏文(フランス文学専攻コース)に進みたいから、アフリカで多く使用されており将来仕事で使えそうだから、という理由で選ぶ人もいます。 女の子の比率に関しては確かに少ない方ではありませんが、文系でもクラスの3分の1を少し超えるくらいで、ちゃいごやスペ語とあまり変わらないことも多くあります。理一にいたってはフラ語クラスでも40人中4人女子がいれば多い方という状態で、これでは女の子が多いという概念が揺らいでしまいます。 そしてそんな理由でフラ語を選択した人が苦労するのがフランス語の難しさ。単語や語形の変化などややこしい部分が多く、試験前にはいつも余裕なチャイ語やスペ語クラスを横目に、フラ語クラスの人は必死に勉強している印象があります。勉強の甲斐もむなしく、留年してしまう人も多いです。チャイ語などでは語学の単位が理由で留年する人はクラスで1,2人といったところですが、フラ語では語学だけで7人留年などの場合も珍しくありません。 とはいえ、将来使える言語であることは間違いありませんから、トライしたい人はぜひ頑張ってください。

ドイツ語(ドイ語)

親に「使えるぞ」と勧められたから、なんとなく勘で選んだ、また理系の場合はもともと医者が使っていた言語であるから、という人がいます。あまり目立つ存在ではなく、新歓などで第二外国語を聞かれた時「ドイツ語です」と答えると、「珍しいね、なんで選んだの?」と聞かれる場面が多いとおもいます。 言語の難しさとしては、フランス語の少し下くらいで、スペ語チャイ語の二大ラク言語に比べるとかなり難しい部類に入ります。語形変化が特に難しいらしく、試験前には受験勉強でも使わなかった単語カードを自分で作って勉強している人もみかけられます。クラスの雰囲気としても、ややおとなしめ。 五月祭や駒場祭などではクラスの語学に合わせた食べ物を出すことも多いのですが、本場のフランクフルトなどを出すドイツ語のクラスは毎年好評でもあります。

ロシア語

変わり者が多いです。そもそもとる人数が少なく、一般的には「文3の10組」のようになるところ、ロシア語だけは科類をまたいで「文系の4組」といったクラス編成がなされます。このクラスは別名文ロシとも言われ、見かけたら感動されるくらい希少な存在なのですが、変わり者が多いぶん優秀な人も多く、主席入学者や「受験の頃毎回模試のランキングに出てきた謎の人」みたいな存在がよく入っていると言われます。 ロシア語の言語としては、そもそも使用する文字がキリル文字というアルファベットとは全く異なるもので、また文型の活用自体も難しく、なかなか苦労するようです。長く閉ざされた社会主義空間にあったためか、文献などもどこか冷たく陰鬱な気分になるとのこと。花形である英文や仏文に並んで、ロシア文学コースというのも文学部にはありますが、毎年1名進学者がいるかどうかというレアなコースだそうです。 しかしそんな珍しい選択をする者同士だからか、ロシア語クラスは世代を超えてとっても仲良しです。

韓国語(コリ語)

こちらもロシア語と同じくらい選択者を見かける頻度の少ない言語です。しかしハングルは人工的に作られた言語であるため非常に習得がしやすく、隠れたラク言語だということも有名です。ただ独学でもすぐに習得できてしまうくらい簡単なので、せっかく第二外国語を学ぶのであれば別の言語をと考える人もいます。

イタリア語(イタ語)

こちらもロシア語、韓国語と同じくらいのレア言語です。なんとなく陽気さを狙った人が多いのか、イタ語クラスの人は東大で珍しく教室内でナンパしてきたりすることもありました。言語としての難しさは、特筆することのないレベル、とでも言っておきましょうか。

第三、四外国語もとれるぞ!

そして、これだけ記述していると、どれにするか迷ってしまいますが、駒場時代には第三、第四外国語をとることもできます。最短半年で単位が取得でき、簡単な日常会話くらいはできるようになります。私の友人には最大第12外国語を取っていた子がいましたが、かなり苦労していました(笑) バラエティも豊富で、セルビア語、アラビア語デンマーク語など第二外国語ではとれない言語や、中国語の中でも広東語、北京語など方言を学べました。ぜひ入学後には第三外国語も検討してみてください。最終日には先生のお家で、その国のディナー!なんてこともあります。

受験モチベーションの高め方についての一案【地方公立から東大合格】

自分のタイプが何かを見定めよう

今回は受験勉強を進める上で重要な、モチベーションの保ち方についてお話しします。受験勉強は半年や1年は少なくとも続くものですから、時にはモチベーションが下がることもあるでしょう。

本当に自分はこの大学に行きたいのか?そんな無理しなくても、周りと同じくらいのところにいって地元でゆっくり過ごすのもいいのではないのか?

こんなささやきが聞こえることもあるかもしれません。

どちらを選んでも幸せになる方法はあるとは思いますが、自分の可能性を広げるためにチャレンジしたい、と一度決めたのであれば最後まで成し遂げてみたいですよね。

さて、モチベーションの保ち方は、人のタイプによって異なります。これまで私が出会ったことのあるタイプでいうと ・悔しいから燃えるタイプ ・それが当たり前だから脱落なんてできないタイプ ・なんとなく周りに合わせてきたタイプ などがありました。以下ではタイプごとのモチベーションの引き出し方、特にライバルの見つけにくい地方の公立高校でどのようにモチベーションを維持するかについてお伝えします。

一人裏切りたくない人を決めよう

まずは悔しいから燃えるタイプについて。私はまさにこのタイプです。 こういう人は、ライバルがいると頑張れます。この子が受かって私が落ちた世界なんて想像したくない!というように。

実際に私も、元彼が早稲田を目指すと聞いた時、「自分が東大に落ちたら、自分を振った彼氏と同じになってしまうのか、それは悔しすぎる!絶対に負けない・・・」とエンジンが入った覚えがあります。他にも、高校で唯一東大を受ける仲間がいればその子に負けたくないとか、隣の高校の人が模試で自分を上回ってきたのが悔しいから次は絶対ランキングをあげてやるとか、このパターンは様々あると思います。

問題なのは、ライバルすらみつからないような地方に通っている場合で、自分が万年1番だという人です。この場合は指標がないので、非常に危険な場合があります。幼稚園生の中にはいっって身長の比べ合いをしているようなものですから。

ライバルすら見つからない場合は「悔しい」ではなく「裏切れない」に転換するのが一案です。おそらく、自分が万年1番だという場合は、いざ東大を目指すとなれば多くの先生が応援してくださるでしょう。添削をしてくださったり、教材を教えてくださったり、それで彼らにとって直接リターンがあるわけではないのに、尽くしてくださる先生がいらっしゃることと思います。

彼らに「落ちました」と報告することを想像してみてください。

あの先生にはお世話になっているから絶対に裏切れない、という人を一人でも決めておくと、辛い時もう一踏ん張りする力になります。

足を引っ張る発言はフィルターを通して聞く

首都圏の高校では、同級生もみな東大を受けるのが当たり前だからとりあえず受けてみた、なんて人がよくいます。 地方の公立高校の場合、そのようなケースは珍しいと思いますが、中には家の影響で、それが当たり前だから受けるという人もいるでしょう。

まずそのような環境に生まれたことは、ラッキーなことです。あとはいかにその環境をうまく使っていくか。

一番課題になるのは、意識の異なる同級生の発言を、いかにフィルターを通して聞けるかということでしょうか。 これはどんなタイプの人にも当てはまりますが、志望校の格や元の知能レベルが異なる同級生の生活スタイルや意識からは、感化をされないように意識することが重要です。

仲の良い同級生がたくさんいることは承知の上です。ただしそれと、易きに流れることは違います。

自分だけ同級生とのドラマの話についていけなかったり、だらだらと続くLINEでの会話を途中で離脱したりすることもあるでしょう。ここで無理に彼らに合わせる必要はありません。 「これ覚えられないよね」「赤点ギリギリだったよー」こんな発言にはその場では笑って同調しておくべきですが、心のなかでは"私は別の世界にいるのだ"と思って、その発言は忘れるべきです。

私も受験期には、上記のようなことがありましたが、卒業後のいまでも高校時代の友人とは非常に仲が良いです。もともと頭一つ抜けて勉強のできた友人は、周りとの遊びが楽しくなってしまい、結局進学した大学で仮面浪人を考えていました。

自分が身をおく環境は大切です。変えられない部分はもちろんありますが、文句をいう前に変えられる部分に意識を向けましょう。

自分は何で頑張れるのか

さて、最後のなんとなく周りに合わせてきたタイプですが、このタイプは一番危険です。受験の後半で自分がどうして勉強をするのかがわからなくなり、失速して闇の浪人生活突入、というパターンが散見されます。

なぜかといえば、ずっと掲げている志望が自分で考えた志望ではない、または自分では内心無理だと思っているが人には言えずにいる、という状態であることが多いからです。

こういった人は、模試で成果が出なかった時、「もともと行きたいわけじゃなかったし」と開き直ったり、もっと深刻なパターンでは誰にも結果を見せずにただ自信を失って志望をどんどん下げていったり、という結果に陥りやすくなります。

彼らがすべきことは一つ、自分がなんのためにがんばるのかを考えることです。偏差値の高い大学にいって賞賛されたいのか、まだ自分のやりたいことがわからないから選択肢の広げられる大学に行きたいのか、どうしてもつきたい教授のいる大学にいきたいのか。

どんな下世話な理由でもいいですし、これを他人に公開する必要もありませんから、自分の中で素直に思うことを一つ掲げてみてください。

そしてできればスマホの画面や自室の壁などに掲げておきましょう。(親には見えないようにしてでも大丈夫です) 自分はこのために頑張ってるのだ!という意識がもてれば、苦しい時でもじっと努力を続けられるはずです。


どんなテクニックをもっていても、また仮に浪人をして一年時間を伸ばしても、 モチベーションがなければ伸びません。もう一度自分の動力源を確かめてみてください。

東大入試の世界史なら世界地図で勉強しよう【地方公立から東大合格】

世界史の記述対策は直前1ヶ月でも間に合う

地方の公立高校に通う人が、世界史対策で課題に感じることの1つは、学校の授業が直前まで終わらないことではないでしょうか。

「あと3ヶ月後には600字の記述問題を解けるようになっていないといけないのか」

と思いながら、近代の授業を受けている・・・なんてこともよく起こると思います。もちろん都会の進学校に通う人たちは、ずいぶん先に授業を終え、とっくに受験対策に入っています。しかし、私の経験値から言えば、公立のペースでも十分に現役合格できる点数をとることができます。

ポイントは ・センター対策で基礎を固める ・頭の中に「時間軸をともなった世界地図」を作る ことです。

センター試験の世界史が一番の基礎固め教材

センター試験の世界史は、ある程度勉強をすればほとんど100点しか取れないような構造になっています。どこかの私立大学のように教科書範囲を大きく逸脱することもなく、また4択で記述がありませんから、誤答が誤答である理由を必ず説明できるからです。

3年生の夏頃からは、ひたすらセンター試験対策の世界史問題を解いてみることをおすすめします。そこでポイントなのが、問題の周辺部分まで記憶を掘り返すことです。間違えたところもあっているところも必ず、世界地図と該当する図説などを開いて確認します。例えば「ウマイヤ朝の版図は・・・」といった問題であれば、ウマイヤ朝だけでなく、そのあと続くイスラーム王朝を順に思い出してみたり、7世紀ごろ他の地域ではどんな王が力を持っていたかを思い出してみたりします。もちろん思い出せなければ、地図や図説を引っ張り出して確認します。

この、「ちょっと想像を膨らませてみる」ことが、二次試験の特に第一問の大記述で必要になる力を育てます。

実況中継シリーズを休憩がわりに読んでみると、多少広がりがわかるようになると思います。

センター形式でだいたい90点程度が安定してとれるようになれば、基礎事項は頭に入ったことになります。持論では、記述対策はセンター後から始めれば大丈夫ですが、どうしても不安な人はセンター前から第二問などを練習として解いておくと良いでしょう。第一問は多少解いてみても、丁寧な添削を受けなければほとんど意味がありませんから、気休め程度にやるのだと思っておいてください。

世界史の広がりを捉えられたら勝ち

さて、次にセンター試験後の二次記述対策についてご紹介します。

ここまでに紹介した基礎力がないと、どれだけ対策してもほとんど伸びませんので、基礎固めは十分にしておきましょう。

二次対策のポイントは ・点数になるポイントを書き出して埋め込むこと ・添削を受ける ことです。

第一問では、指定語句がいくつか出され、対象になる時代と地域も指定されます。まずそれをみて、「何については外さずに記述すべきか」「この語句はどこで使ってほしくていっているのか」を考えてメモしておきます。

さらに「この語句があるということは、この軸を中心に話して欲しいんだな」といったことまで想像できるといいです。

20点もあると言われている問題ですから、採点は加点方式です。つまり、あるポイントが含まれていれば含まれているほど点数が加算されていきます。全体としての流れも大切ですが、枝葉末節の表現にも気をつけて。

添削については、「誰かに見てもらう」ということが大切です。何が言いたいかというと、見てもらう相手は東大入試のプロでなくてもいいということ。

地方の公立で、東大受験に精通した世界史の先生を見つけることはなかなか難しいと思います。私も正直、「この先生で大丈夫なのかな」と思ったこともありました。しかし、実際に必要なのは、圧倒的な知識や東大入試専門のテクニックではなく、「多少背景知識をもった他人に伝わるか」というところだったなと、受験が終わってから思いました。

それでも不安であれば、Z会などの東大コースをとってみるのもいいと思います。実際に私も使ってみましたが、添削の精度としてはあまり学校の先生と変わらないと思いました。定期的に本番形式の問題が届くので良いペースメーカーになった、くらいの印象です。

自力でやるのであれば、赤本の25カ年分のものを、センター試験後から二次試験の日までにすべて解いてみる、くらいのペースでいいと思います。

5年くらい経つと、ネタが切れてくるのか、過去問と似たような地域や時代が選ばれることもあるので、既出だからといって手を抜くと痛い目をみるかもしれません。

ともかく言いたかったのは、センターまでに地図と時間軸で内容を覚えること、二次試験対策では添削を受けてポイントをこぼさずに入れること、です。公立のペースで十分間に合いますし、基礎ができていればむしろ得点源にもなります。

東大英語を得点源にする第一歩:英語は情景に置換せよ【地方公立から東大合格】

英語=>日本語で理解するのは時間のロス

言語ほど、もともとの得意不得意が分かれるものはありません。「できる」「できない」もそうですが、できる人の中でも「言語として習得している」「1教科として習得している」の2パターンがあると思っています。 大学生になると留学する人も多いですが、同じ英語環境にいても、1ヶ月もあればそれなりのコミュニケーションがとれるようになる人と、3ヶ月いてもまだ英語と日本語を頭の中で切り替えながら話しているという人がいます。

経験上、これは努力で切り替えられるものではありません。運良く「言語として習得できる」脳に生まれた人は、英語を勉強の休憩代わりに使いながら、どんどん力を伸ばして行きましょう。逆にそうでない人は、仕方がありませんから、"勉強の科目"として捉えてこつこつ基礎力を積み上げて行きましょう。(補足をすれば、後者のような人はたいてい、数学や国語など他に得意な科目があることと思います。その得意な科目を、勉強の中で休憩代わりに使い、また本番の得点源にしていきましょう。)

次から、この2パターンに分けて、学習法をご紹介します。これは「応用」と「基礎」とも言い換えられますから、どのタイプの方でも両方を参考にされると良いかと思います。

生活の中で英語を取り入れる

日本の高校生が勉強しているレベルの英語は、英語圏に生まれた小学生ならば誰でも話せる程度のものです。では。なぜ彼らは英語が話せるのか。それは、話せないとコミュニケーションがとれず、生きていけないから。

手っ取り早いのは英語圏で生活することですが、誰しもがすぐに実現できることではありません。まず、身の回りから変えていきましょう。 ・スマホ、パソコンの言語設定を英語にする ・海外ドラマや映画を"英語音声・英語字幕"で観る ・英語話者と話す

解説をするまでもありませんが、まず毎日使うスマホの言語設定を英語にすることで、そこに出てくる基本的な単語を習得することができます。「もうすでにボタンの位置を覚えているから意味ないじゃん」と思うかもしれませんが、それでもいいのです。目に入るだけで、自然と単語が頭に入っています。例えば、メールを消す時「delete」という文字を頻繁に見ているとします。入試の文章に「delete」がでてきたら・・・きっと、スマホの操作を思い出せば、単語の意味がわかりますよね。

また、海外ドラマや映画を"英語音声・英語字幕"で観るのもおすすめです。英語字幕はものによっては選択できないものもありますが、Netflix"ではおおよその映画やドラマで選択することができます。 おすすめの海外ドラマや映画はまた別でご紹介するとして、ポイントは"苦行にしないこと"だと言えます。例えば、「全部のセリフを書き起こすぞ」「意味がわからない単語があったら一時停止して辞書で調べるぞ」なんてやっていたら、続きません。少なくともそのドラマや映画が好きにはなりません。 はじめは休憩のつもりで、眺めて見てください。ファンになってくると「彼が言った今のセリフなんだろう」「ここで使っている○○はどの意味なのだろう」と自然に気になってきて、いつしか意味を検索していることでしょう。

同様に、ペーパーバックを読むのも手です。ペーパーバックとは、日本でいう文庫本のようなもの。たいていの書店には外国語の本コーナーがありますし、「あまりに田舎すぎてそんなものない!」という場合はアマゾンから探して見てください。 すでにストーリーを知っているものでも構いませんから、自分が楽しく読めるストーリーを選ぶのがおすすめです。また、ペーパーバックは装丁がおしゃれなものも多いですから、棚に置いておくだけでもインテリアになります(笑)。

最後に、英語話者とお近づきになるのも有効です。めでたく大学に合格された折には、街のおしゃれなバーやカフェで仲良くなることもできますが、地方ではそんな環境がありませんよね。私も経験者なのでわかります。 一つは、いま流行りのskype英会話を使うことです。私も大学入学後使っていましたが、特に大きなトラブルもなく、また先生も受講者のレベルに合わせて進めてくださるので良かったです。はじめに習熟度チェックがされるので、「いきなり英語で話すなんて不安、できない」という方でも安心です。 www.rarejob.com お金はかけたくない、という方はオンラインチャットを使うという手もありますが、中には悪い企みをしている人もいるので、十分に気をつけてくださいね。

暗記を暗記だと思わないこと

さて、楽しいことも必要ですが基礎も必要。ここからは"勉強の科目"として英語をどう習得していくかについてお話しします。

単語

単語帳は速読英単語やキクタンなど自分が使いやすいと思うもので構いません。「これでないと東大入試の英語が読めない」なんて本はないので、単語帳ばかりいくつも買うことはやめましょう。さて、暗記はいっきにしようとすると単なる苦行になり、また抜け落ちるのも早くなります。いかに日常生活に取り込んでいくかがポイントです。

私の場合は、眠っている間に記憶が定着すると聞いてから、夜ベッドに入ってから単語を20個ながめてから寝ていました。電車通学の人は、「次の駅までに5つ覚える」「その次の駅までに5つテストする」など、時間を区切ると、効率よく覚えられます。 いまは単語帳アプリなどもありますが、個人的にはスマホは勉強と切り離した方がいいと思っています。LINEなどが気になって集中力が途切れるというものもありますし、勉強の休憩としてツイッターなどをみることがあるなら、同じ「スマホ操作」という点では区切れがなく、休憩が休憩にならないからです。わたしは電子辞書についている単語帳などを使っていました。

長文読解

速読については、慣れしかありません。まだ受験まで余裕があるのなら、前述したようなペーパーバックを一度最後まで読みきってみましょう。 また英語を逐一日本語に変換しないこともポイントです。もともと別言語ですから訳すときには無理が生じますし、入試問題を解くためであれば全文の意味が細部まで理解できている必要はありません。

わからないところは気にせず飛ばして最後まで読んでみる。そこで結局何について話しててこの人は何が言いたかったのかを、2文くらいでまとめられるようになればそれで問題ありません。(「この一文を訳しなさい」という問題もありますが、それも全文がわからなくても解けることがほとんどです。)

とにかく多くの題材に触れることが肝心なので、東大の過去問だけでなく、早慶など別大学の入試問題(ちなみに、英語のレベルだけでいえば、東大よりも早慶の方がよっぽど難しいです)に出てくる題材を読んでみることもおすすめします。

リスニング

これも得意不得意が分かれやすいですが、東大を受ける以上は、平均はとれるようにしておきたい分野です。一時期流行った「流しているだけで英語が身につく」なんてものは本当かあやしく、個人的にはきちんと意味をわかった上で聞いていないと習得はできないと思っています。 リスニング系の教材で使いやすかったのは、定番のキムタツ先生の本です。リスニングは読解と異なり、わからないところは飛ばしていこう、でいくといつまでたっても聞き取れる数が増えない、ということになりがちです。なのでここは、ディクテーション(英語を聞き、それを書き取る)などをしてみるのがおすすめです。

進め方としては、リスニングの問題を解く=> もう一度音声を聞き、それを一言一句書き取る=> 書き取りを答え合わせ です。書き取りを答え合わせする頃には、もともと解いた問題の答えがあっているかどうかは自然に分かることでしょう。

ディクテーションを何度か行うと、「自分はこの言葉を、こう聞き間違えやすいんだ」という癖もわかってきます。